私が考える医療・福祉現場の人手不足を解消するアイデアについて

"現状に問題があるはずですので、根本から思いっきり変えなければならないと思います。日本には、かなりの数のフリーターやニートがいますから、頭数を揃えることは不可能ではありません。
医療と福祉の印象を、それぞれ大きく別のモノにする必要性が有ります。全く新しい業界に転換しなければ、今のままの性質が残ってしまいます。医療については教育体制が万全でなければ、フリーターやニートを完璧にプロフェッショナルへの路線へ持って行くことが困難かもしれません。
福祉の現場についても、教育環境さえ整えればどうにかできるはずです。給与も現在の3倍くらいに変えていかなければなりません。
あと、大きな問題と言うか壁が有ります。資格取得して無い者を受け入れないのではなくて、歓迎すべきです。教育次第では日本人は再生が可能です。
これまでの義務教育などが今のフリーター問題を生み出したのですから、一つずつ改善すれば良いだけの話です。
ここで書きたいことは、人が余っているという現実です。時間が余っている若者(日本人)を、素直な性質に切り替えて行けば、職業訓練もスムーズに行くはずです。若者を素直にさせるには、良い待遇を準備するのみです。「損して得とれ!」の言葉では、ぴったりとハマらないかもしれませんが、初めに思い切った投資をして、日本のシステム改造をして行けば「それぞれの業界の人手不足解消」が叶うと、私は信じています。
準備の資金を大きく動かせないと始まりません。しかし、借金してでも逆転が可能だと思います。早期に着手して、早い段階で解決の見通しを立て欲しいです。資産家、もしくは大金持ちの心が動けば、少しずつ日本も変われると思います。
介護業界、私も入りたい!そう思わせてくれる環境が早く整うことを望みます。"

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008