薬剤師の求人状況について

薬科大学が4年制から6年制へと移行した影響で、薬剤師が一時的な不足をした後に、どっと薬剤師が増えるという状況が予想されています。薬剤師の求人状況は「売り手市場」というイメージが強いのですが、新卒者が増えるその時から数年かけて、薬剤師があまってしまうことも、予想されています。そうすると「転職を繰り返してきた人」「ブランクのあった人」よりも、新卒者のほうが採用の面では有利になるでしょう。

薬剤師として働く人には、20代の若い人が多く、30代の人は減るといわれています。これは、子育てなどの事情が30代の女性薬剤師にとって大きくなり、職場を離れるということが多いからです。40代になり、子どもも大きくなって、フルタイムでの薬剤師業務は難しくても、また働きたいという人が増えてきます。

ただ、医療事務や看護師などの求人にも言われることですが、患者さんと接する仕事には「新卒で若い」人よりも、「人生経験が厚い人」「患者さんに親身になれる人」「業務の経験がある人」を、採用したいと考える医師・薬局が存在するのも事実なのです。

今後、薬剤師の数が増えて、薬剤師の求人状況が厳しくなれば、就職・転職先が見つからずにパニックになるのは「短期間で転職を繰り返してきた人」です。長く働いてくれる人を求める職場では、安定感のない働き方を繰り返してきた人よりも、未経験の新卒者や、転職をするにしても前向きな良い転職を望んでいる人を、求めるものだからです。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008