どんな薬剤師になりたいか?について

薬剤師の活躍のフィールドは広がっています。総合病院、調剤薬局、ドラッグストア、治験業界まで、職場は広いです。就職・転職・再就職などの間口も広がっているのは事実です。その分「自分がどんな薬剤師になりたいのか?」をしっかり自己分析することが大事です。

「今の職場にいるのが嫌だから・・・」という曖昧な動機で転職をすると、結果的には「適当に見つけた次の職場で、またなんとなく不満になり、なんとなく転職をして、職務経歴だけが増えていき、将来が見えない」という事態に陥ります。自己分析をするうちに「今の職場で頑張ってみる」「まずは職場の環境を改善することに、尽力してみる」という結論が出る場合もあるのです。

薬剤師として、初めての職場を探すときには、「情報に踊らされすぎない」ことも大事です。不況の影響や、調剤薬局の新規設立が一段落したこともあって、薬剤師の求人は「売り手市場」とばかりはいえなくなっています。そのような情報に追い詰められて、焦って就職をしても「内定は取れたけれど、本当にこの会社でいいんだろうか?」という後悔が沸いてくる人もいます。

たとえば、「薬剤師として、どんどんステップアップしたいから、教育体制の整っている職場で働きたい」という希望も、その一つでしょう。また、薬剤師としての目標だけではなく、ライフスタイルに関しても、たとえば「薬剤師として働きたいが、家族との時間も大切にしたいから、残業の少ない職場が良い」「遠方での就職を考えているが、今の年収を維持したい」といった目的を、はっきりと持つようにしましょう。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008