地方在住の薬剤師への求人はについて

薬剤師が多くいる地域、逆に人手不足で常に薬剤師の募集を出している地域の格差は、はっきりいってあります。その分「人手が足りない地域」に、わざわざ就職してくれる薬剤師への待遇は、非常に良いものとなります。地方在住の薬剤師にも、働く場はあると言えるでしょう。

一方で、その地域で長く働きたいなら、地域での「よそ者」ではなく、「住民」として、長く生活ができるかということも、考えなければなりません。その地域に住んでいて「地方在住」と言える人ならば、習慣の違いに悩むということはなくなるかもしれません。ただ「もっと勉強したい」「もっと色んな人と接したい」といった様々な希望が出てきた場合に、それらの希望を実現していく方法があるか、と考える必要があります。

薬剤師だけに限らず、「都会ではなく、田舎の良い環境で、のびのびと働きたい。自分の人生を満喫したい」という考えの人が増えているのは事実です。都会でキャリアを積むだけが最高の人生ではない、というのはうなずける意見です。

薬剤師の自分だけが就職・転職すればいいのではなく、ご家族も一緒に転居をする場合には、ご家族の環境にも配慮しなければなりません。薬剤師としての待遇・給与などがいい場合でも、目先の損得につられて判断すると、一生の問題を残してしまうこともあるのです。

地方在住の薬剤師にも、求人はありますし、それは非常に良い待遇に見えるかもしれません。ただ、人生設計全体を考えて求人に応募することが必要です。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008