退職活動もきちんとするについて

薬剤師として働いている現在の職場から、退職するときには「立つ鳥後を濁さず」という言葉を大切にしましょう。今までは「薬剤師は売り手市場」というイメージがあり、強気で転職活動をしたり、退職も突然一方的に通告する、などの人がいたのだそうです。しかし、薬剤師に限らず、どんな職場でも「今の職場をきちんと退職する」ことは必要です。

特に、同じ薬剤師として働くならば、どこで、誰と、どんなご縁があって、再会し、一緒に仕事をすることになるか分かりません。前の職場の人と再会した場合に、気持ちよく仕事ができるように、きちんと退職をしてください。

病院・調剤薬局など、現在の職場にはまず「退職する」ことを伝える必要があります。それは、まず「直属の上司に伝える」ことです。直属の上司を飛び越して、人事部に直接申し出ることや、同僚にだけ話して間接的に上司に伝わる、ということがあると、上司に後々迷惑がかかります。また、職場の同僚で、いくら親しい仲であっても「転職活動をしている」という事実は、転職が確定するまで伝えないことが大事です。履歴書や職務経歴書などを、職場のコピー機を使ってコピーしたために、同僚に発見され、気まずくなったというケースも、あるのだそうです。

「薬剤師を続けたいが、今の職場は退職する」ことの理由を、完全に正直に告げる必要はありません。ただ「今の職場に不満がある」ことを、正直には言わないことです。

そして、退職する日を決めるにも、一方的に通告するのではなくきちんと話し合って決めましょう。薬剤師の人数が確保できないと、業務を続けることができなくなる職場もありますので、くれぐれも迷惑をかけないようにしましょう。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008