個人事業を始めるについて

"個人事業を始めた。
たまたま、バイトでパソコンの相談員をしていたとき、
「誰か、頼れる人はいないか・・」と話を聞いたら、自分が一番適していると思ったのでその人に協力することにした。
それが、始まりだった。
いろいろ仕事を請け負ううちに個人事業の形態をとることになったのだ。
そのうちに、ほかの人へと紹介があり、その方もお客様になった。また、ホームページを作ったら、お客様から連絡があり仕事につながった。
仕事は、個人事業ながら滑り出しは好調だった。
しかし、この不況で仕事量が減ってきている。
あたらしく営業活動を開始した。
しかし、飛び込みで入ったその会社には、すげなく断られた。もう一社、飛び込みした・・・・駄目だ。
営業活動はうまくいっていない。
"

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008