パワハラによる職場の人間関係崩壊について

"私が以前務めていた会社は物凄いパワハラが行われている会社でした。このパワハラは基本的に社長によるものでした。
とりわけミスがなくても気に入らない人には机を蹴ったり怒鳴ったりと、もう日常茶飯事。仕事自体は特に問題がないのにそんな勢いでまくし立てるものだから、社員が皆萎縮してしまって思うように仕事をできず、能力を発揮できない人も多くいました。
そんなある日、正義感の強い先輩が、さすがに耐え兼ねたのか、社長の行いを止めに入りました。すると「お前が何を知っているんだ」と連呼し、翌日からそのパワハラの対象はその先輩になりました。
私はその先輩ととても仲が良かったのですが、正面切って助けることができませんでした。しかし次第に精神的に病んでいく先輩を見ていられなくなり、一緒に会社を辞めました。
今は別々の会社になりましたが、性来一緒に起業しようと約束してます。


"

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008