薬剤師から治験業界への転職について

薬剤師が治験業界に転職する、というケースがあります。それは治験には「薬事申請」が必要であり、薬事申請は薬剤師の仕事だからです。薬事申請とは、治験で集めたデータを整理し、厚生労働省に申請をする仕事です。薬剤師から治験コーディネーター(CRC)に転職する人もいます。

治験コーディネーター(CRC)として働く薬剤師は、高いコミュニケーションスキルが求められます。治験を円滑に進めるためには、治験に協力してもらう患者さんや、医療スタッフ、製薬会社との連携がとても大切で、そのためには診察や検査日程の設定、検査内容の確認など、様々なことが要求されます。患者さんの中には、納得して治験を受けることにした場合でも、後々の不安感が高まったり、イライラが募ったりするケースもあります。それらの解消のためには、患者さんとのコミュニケーションをCRCが密に取り、万一の事態にも備えができることが必要です。

また、国際共同治験というものが盛んに行われるようになり、英語力を求められる場合もあります。

治験コーディネーターそのものには、国家資格はまだ存在していませんので、もともと薬剤師・看護師など医療関係で働いている人が、製薬会社などで研修を受ける、というケースが多いようです。日本臨床薬理学会では「認定CRC」という制度が始まっており、実務経験がある治験コーディネーターは、この試験を受験することを目標にしているケースも多いです。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008