証明写真の撮り方の重要ポイントについて

薬剤師として働くなら「他人に与える印象」が大事です。証明写真を通して、自分の「他人に与える印象」を判断されることも多いので、注意して撮影することが大事です。採用担当者は何人もの応募書類を見ています。採用担当者は証明写真から「就職・転職活動にかける熱心さ」「職務についた場合の他人に与える印象」を判断できるプロなのです。

薬剤師には「顔の印象」が大事ですが、「顔の美醜」はあまり関係がありません。雰囲気、マナー、熱意などが証明写真からきちんと伝わってくる、という事実が大事なのです。

一般に、良い印象を与える証明写真は、「落ち着いて」撮った写真だといわれます。面接の直前に慌てて撮影し、あわてて書類に貼り付けた写真などは、あまり良い印象を与えません。髪型などもきちんと整え、服装もマナーに叶ったものを選びましょう。

表情にも気を配りましょう。顔の「つくり」は変えられませんが、表情を引き締め、明るい印象に変えることはできるはずです。また、そうすることで「良い表情の写真が撮れるよう努力した」ということを、採用担当者にアピールすることもできます。

フォトスタジオでの写真撮影をすると、お金はかかりますが、後に何枚もの証明写真を用意しなければならない、という場合にも対応してもらえることもあり、結果的には費用が抑えられることもあります。何よりも「良い」印象の証明写真を撮ることができますので、フォトスタジオでの撮影も視野に入れましょう。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008