面接を突破するにはについて

薬剤師を募集する職場は、基本的に「人手が足りない」から募集をしているのです。面接が行われる場合には「優れた薬剤師を採用したい」という考えがあって、行っているのです。マイナスの点がある人を落としていくのではなく、プラスの点がある人を採用したい職場のニーズにあわせて「自分がどのようなプラスの点を持っているか?」をアピールできるようになりましょう。

また「薬剤師だから」という前に、一般的なマナーを知り、それを守ることは、当然ながら要求されます。面接対策として学ぶことは、今後、社会に出て役立つことばかりです。そのため面接対策「だけ」のために、小手先のテクニックを習得するという考えではなく「自分を練り上げるのだ」と考えて、礼儀やマナーを知るように心がけましょう。

面接が行われる部屋に入室する際には、礼を尽くす気持ちを見せること。一礼して「よろしくお願いします」という気持ちを伝えること。退出する際にも「私のために時間を割いてくださって、ありがとうございました」という気持ちを持ち続けることが大切です。

「面接試験までこぎつけたのに、残念ながら採用されなかった」という場合もあります。そこには、個人個人の相性、縁の問題というものが関わってきますので、あまり悲観的に受け止めすぎないことが大事です。また、不採用の連絡を受けた場合には「不採用を伝える担当者もつらいのだ」ということを考え、つっけんどんな態度をとることのないようにしましょう。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008